M字ハゲを治療する最良の方法はAGAクリニック

M字ハゲを含むAGAの治療件数は近年大幅に増えています。

 

かつてはAGAは治らないものとされていましたが、特効薬の開発によって今では効果的な治療が可能になっています。

 

M字ハゲを本気で治したいと思うなら病院選びには特に気を使わなければなりません。

 

また治療にかかかる費用やデメリットも知っておきたいですよね。

 

このページでは病院でのM字ハゲ治療について見ていきたいと思います。

 

 

重要なのは病院選び

 

M字ハゲを治すために最も重要なのは最初の病院選びです。

 

AGAの治療は近所の皮膚科などでも可能な場合がありますが決してお薦めできません。

 

一般皮膚科の医師は皮膚病などによるハゲは治療してくれますが、一般皮膚科の医師はAGAは審美性の問題であってそもそも治療の必要性が薄いとして本気で治療してくれません。

 

また薬の調合・調達の面でも全く期待できません。

 

もし投薬を受けられたとしても基本薬であるプロペシアくらいです(治療薬については別のページで解説します)。

 

医師のAGA治療経験もほとんどなく、知見が無いので効果的な治療は期待できないのです。

 

しかしAGA専門クリニックであれば経験と知見が豊富な医師が治療にあたりますし、複数の専用治療薬を組み合わせた効果的な治療を受けることができます。

 

M字ハゲをしっかり治したいならば専門クリニックを選択するのは必須と言って良いでしょう。

 

M字ハゲの治療には保険が効かない

 

残念ながらM字ハゲの治療には保険を適用することができないので自費治療となってしまう点は知っておかなければなりません。

 

国の決まりで保険が使える病気は決まっているのですが、AGAの治療はどちらかというと審美性を意識したものと考えられてしまうので保険を使って治療することができないのです。

 

ただ保険が効かないのは一般の皮膚科でも同じですから、どうせならば専門クリニックを利用するのが望ましいことに変わりはありません。

 

 

治療にはどのくらいの費用がかかるの?

 

M字ハゲの治療にかかる費用はどのような医療機関で、またどんな治療法を取るかによっても変わってきます。

 

基本となるプロペシアだけであれば一か月の費用は5000円前後で済みますが、本気で治療を考えるならば他の治療薬を合わせた投薬が必要です。

 

そのクリニック独自の調合薬を用意しているクリニックもあり効果的な治療を受けるならば1か月で15000円〜30000円程度の出費は覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

そして治療によって毛量の増加を実感できるまでには半年ほどかかりますので、18万円前後の費用を見積もっておくと安心です。

 

 

先端治療や植毛治療はもっとかかる

 

専用の治療薬液を頭皮に注入するメソセラピーと呼ばれる先端治療では一回で5万円程度かかりますし、自毛植毛治療では安くても数十万円、広範囲の植毛では100万円をこえることもあります。

 

M字ハゲは難治性の為薬が効きにくいこともありますので、いざという時にはこうした先端治療なども視野に入ってくることがあります。

 

植毛治療については外科手術ですから、技術を持った医師が在籍するクリニックでしか受けることができません。