AGA治療薬は効果だけでなく副作用についても知っておこう

AGA治療薬は効果だけでなく副作用についても知っておこう

 

 

M字ハゲを含むAGAの治療では専門クリニックで投薬治療を受けるのが基本です。

 

かつては改善が難しいとされたAGAも特効薬が開発された現在では早期に治療を開始することにより多くの方が満足な改善結果を得ることが可能になっています。

 

専門クリニックでは先端治療なども検討することができますが、治療の中心になるのはやはり薬剤による投薬治療です。

 

今回は代表的なAGA治療薬の効果や副作用について見ていきます。

 

 

治療の主軸はDHTの生成を抑えるフィナステリド製剤

 

AGAは体内で発生するジヒドロテストステロン(DHT)が悪さをするものですが、これを抑制してくれるのがフィナステリド製剤です。

 

製品名としてはプロペシアが有名ですが、主成分がこのフィナステリドでできています。

 

DHTの生成を抑えると、これが発生させる脱毛信号の作用を無くすことができるので、毛根は正常なヘアサイクルを取戻し、細く弱った髪の毛も次第に元気を取り戻してきます。

 

主に内服剤の形で投与されますがクリニックによっては外用剤に混合されることもあります。

 

フィナステリドの副作用としては主に生殖機能関係で、
・性欲減退
・勃起力の低下
・精子量の減少
などがあります。

 

他には乳房肥大やうつ症状などもありますが、発生頻度が高いものでも1%前後で、ほとんどの場合心配要りません。

 

医師の経過観察を受けて治療を進めるので心配な症状が出たら相談し、場合によっては他の代替薬剤や治療法を検討することもできます。

 

 

毛根への血流を増進するミノキシジル

 

フィナステリドと並んで治療薬の二大巨頭とされるのがミノキシジル製剤です。

 

製品名としてはリアップが有名ですが、クリニックによる治療では独自処方された外用薬として、あるいは内服剤として処方されるのが一般的です。

 

ミノキシジルはフィナステリドと違ってDHTを抑制する作用はないものの、強力な血管拡張作用による血流増進効果と、新しい毛細血管の増設作用によって毛根への血流を劇的に改善し、弱った毛根を強制的に活性化させます。

 

このミノキシジルは血管を拡張して血流を良くする作用が強いので、副作用として血圧に変動を来したり、動悸が起こることがあります。

 

外用剤ではほとんど心配要りませんが、効果が強く出る内服剤は心臓など循環器系に持病がある場合は使用を見送られることもあります。

 

また内服剤では頭髪以外の体毛が濃くなる多毛症も報告されています。

 

外用剤では頭皮に痒みなどの皮膚トラブルが起きることもありますが、深刻な副作用の心配は要りません。

 

 

新薬ザガーロについて

 

近年治療薬として承認された「ザガーロ」はプロペシアと同じくDHTの抑制効果を示すものですが、その効果は約1.5倍ほどもあるとされています。

 

プロペシアはDHTを生成してしまう5αリダクターゼのU型のみに作用するのに対して、ザガーロはT型にも作用するためです。

 

ザガーロは「デュタステリド」を主成分としており、内服剤として使用します。

 

副作用はプロペシアとほぼ同じと考えて問題ありません。

 

デュタステリドは耐性がついてしまう可能性が指摘されているので、第一先選択肢のフィナステリドが効きにくい場合の代替薬剤として温存しておく医師もいます。