頭皮マッサージでハゲを改善する

誰でもできる頭皮マッサージを習慣にしてしまおう

誰でもできる頭皮マッサージを習慣にしてしまおう

現代人は肩こり首こりと体の不調を良く訴えますが、仕事環境や運動不足などで筋肉が固まってしまうのが大きな要因です。

 

でも意外と知られていないのが「頭皮のコリ」。

 

頭皮は肩や首のように上手く動かすことができないことに加えて、目の酷使などによる顔面の筋肉の緊張の影響を受けやすい部位です。

 

普段から意識してマッサージしてやらないと頭皮にも緊張が及び柔軟性を失ってしまいます。

 

特にハゲ薄毛に悩んでいるのであれば、頭皮の緊張をほぐして血行を促進することが大切になってきます。

 

また一口に頭皮マッサージといっても、実行するシーンによって目的も微妙に違ってきます。

 

 

日中に行う頭皮マッサージの仕方

 

頭皮マッサージの一般的なイメージが、仕事の合間やちょっと疲れたなと思った時に行うべきこの方法です。

 

主に血行促進を目的に、指の腹を使ってゆで卵が潰れなくらいの力加減で行います。

 

力を入れ過ぎると頭皮や毛根に悪影響があるので加減が必要です。

 

下記@〜AはM字ハゲ部分ですので特に大切ですが、せっかくですから頭皮全体のマッサージ法を載せていきます。

 

@生え際に両手の人差し指と中指が、額真ん中に小指が、こめかみに親指が来るようなポジショニングを取ります。

 

A上下に軽く動かしながら1分、小さな円を描くようにもう1分ほど続けます。

 

B耳の上あたりに人差し指から薬指までを置き、首の付け根に親指が来るポジショニングを取ります。

 

C頭頂部向かって少しずつ位置をずらしながら1分ほど円を描くようにマッサージします。

 

D頭頂部付近に来たらそのまま同じく円を描くように1分行います。

 

 

洗髪前に行うマッサージの仕方

 

日中のマッサージは頭皮のコリをほぐすのがメインですが、ぜひ洗髪前にも行ってほしいものです。

 

こちらは頭皮のコリをほぐすというより毛穴に詰まった皮脂や汚れを絞り出すためのものです。

 

普通の洗髪では頭皮と毛穴表面の汚れしか落とせませんから、毛穴の奥に入り込んだ汚れを絞り出してシャンプーで洗い流すために行います。

 

このマッサージはM字ハゲ部分だけでもOKです。

 

@両手の指の間隔を無くして、両手で左の生え際を挟み、絞ります。挟み込まれた部位は盛り上がり、圧力によって毛穴の奥の汚れが絞り出されます(ニキビを圧出するようなイメージです)。

 

A同じように右の生え際も行います。

 

スカルプスコープなどで観察すると良くわかるのですが、毛穴から皮脂がジュルジュルと絞り出されてきます。

 

角栓様物質といって、皮脂の塊がニュルッとでてくることもあります。

 

 

育毛剤と頭皮マッサージについて

 

市販の多くの育毛剤は塗布後にマッサージをするように説明が書かれていると思いますが、「リアップX5」は塗布後ではなく塗布前にマッサージするように説明がなされています。

 

恐らく有効成分の浸透を優先するためと思われますので、当該製品を使う時は順番を間違わないようにしてください。

 

医療機関で処方される外用剤も医師から使用の際のマッサージについて塗布後は控えるように指示が出ることがあるので指示に従って下さい。