薄毛予防は毎日の食事で〜薄毛予防の栄養学〜

私たちの体は日々の食事で取り入れた栄養から成り立っているわけですが、毛髪も体の一部ですので当然このルールに従っています。

 

髪の毛と他の人体組織との違いはその優先順位です。

 

栄養は筋肉や骨、内臓など生命維持に必要な器官に優先的に割り振られますから、髪の毛はどうしても後回しになってしまうので、必要十分な量の栄養を取らないと髪の毛まで回らず栄養不足に陥ることもあります。

 

「育毛活動も食事をおろそかにしてはいけない」とよく言われるのはそのためです。

 

育毛・発毛の為の食事を考えて、薄毛の予防改善につなげましょう。

 

 

髪の毛の元になるタンパク質は特に重要

 

髪の毛も人体の他の組織と同じですのでビタミンやミネラルなど幅広い栄養素をまんべんなく摂るのが良いことは当然なのですが、中でも重要なのがタンパク質です。

 

髪の毛もケラチンというタンパク質でできており、食事で取り入れたタンパク質を体内で再合成して髪の毛として作り上げていくのです。

 

タンパク質を多く含む食品には肉、魚、大豆などがありますが、特に大豆製品には抗男性ホルモン作用があるのでおススメです。

 

とはいっても完全に大豆だけに偏るのではなく、バランスを考えて取り入れるようにしましょう。

 

 

ミネラル類では亜鉛が重要な働きをする

 

ミネラル類は人体組織の合成や神経系に作用するなどの働きをする栄養素ですが、この中でも育毛的に重要なのが亜鉛です。

 

亜鉛は毛根内の毛母細胞が細胞分裂をして髪の毛として成長する時に必ず必要になるもので、これが不足すると毛髪として成長できなくなります。

 

亜鉛は骨を作るなど体内で他の目的としても利用されるため不足しがちで、また体内で自然合成することができないので食事やサプリメントで取るしかありません。

 

育毛サプリメントには必ずと言っていいほど亜鉛が配合されていることからも重要な栄養素であることが分かります。

 

食品では牡蠣、煮干し、ごまなどに多く含まれ、牛肉にも比較的多く含まれます。

 

 

ビタミンB2、B6

 

ビタミンB群は総じてエネルギー生産や代謝に関係するイメージがありますが、育毛的に特に重要になるのはB2とB6です。

 

ビタミンB2は健康な頭皮を維持するのに寄与し、B6は髪の毛の原料となるタンパク質の吸収を促進してくれます。

 

ビタミンB2は牛肉や鶏肉、牛レバー等に含まれ、B6はさんま、かつお、まぐろなどに多く含まれます。

 

ただビタミンは特定のものを多く取るのではなく、体内で効率よく利用するためにできるだけ多くの種類をまんべんなく摂るように意識しましょう。

 

 

薬だけに頼っていては改善は難しい

 

M字ハゲの治療では専用の治療薬が使用されます。

 

薬はホルモン系に作用してAGAの原因にアプローチしてくれますが、そもそも栄養が不足した不健康な体では回復する力が弱っているので治療の効果も半減してしまいます。

 

医師と薬だけで何とかなると思わず、正しい食生活で健康な体を保つのは患者側の責任であることを意識しておきましょう。